CALENDAR

<   2018-08   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 


先日、久しぶりに東京へ出かけました。目的は友人の個展と、バウハウス・デッサウ展。お天気もいいし、その友人をさそっての一日となりました。

友人は以前も紹介したあっきーです。
彼女にはお店のリーフレットや私のかわいい名刺等をデザインしてもらっていて、すてきなやわらかい絵を描く、れっきとした「イラストレーター」。
大学時代、彼女はテキスタイル(布や織りのデザイン)を専攻し、私の方がビジュアル(広告関係)を専攻していたのに、ウン十年も経つと彼女はイラストだけでなく、広告全般、そして私はおもちゃ屋になっていて、人生どう変化するかわからないものですね。

こちらをクリックするとあっきーの個展の詳細のページへ移動します。

虎ノ門で彼女独特のやわらかい、そしておいしそうな個展を見て上野へ移動。バウハウスに関しましては下にリンクを貼っています。

こちらをクリックするとバウハウス・デッサウ展の詳細のページへ移動します。

バウハウスは建築関係のデザインが主だっていますが、それ以外に家具や生活用品、絵画に舞台など多岐に渡って、斬新なデザインを世間に投げかけ、100年経った今でも大きな影響を与えています。

大好きなネフ社は、おもちゃの分野で唯一レプリカの制作を依頼されている会社です。
今日本国内に入ってきていて、入手可能なのは、「バウハウス・カラーコマ」「バウハウス・チェス版、チェスコマ」「バウハウス・バウスピール」「ハンペルマン バウハウス」「スティックスピール バウハウス」です。
今回「ハンペルマン」の原型が展示されていました。

開催場所が東京藝術大学内の美術館。さまざまな展示品以外に、色彩構成や立体構成などの、当時の学生の作品も展示されていて、あっきーと二人、「なんか昔これ、やったよね?!」と盛り上がります。外に出ると多くの学生がスケッチをしたりランチを取っていました。
美術品を鑑賞するというより、タイムカプセルからいろんなものを取り出した気分に満たされます。
あの当時、ああやってみんなでご飯食べたよね、あの頃は私達も今の学生みたいにキラキラしていたんだろうね。
自分の事だけを考えて、好きな絵を描いて、適当に勉強して(?)、いっぱい遊んで(!)。特に当時はバブル絶頂期。学生なので、お金は持っていないけど、浮かれていたのまで思い出します。
その後ランチを取って、お互いに保育園のお迎えの時間となったので別れたのですが、タイムリミットのその時まで、二人でしゃべりまくりました!!子どものこと、仕事のこと、ありとあらゆる話がお互いから出てきて、とっても楽しい時間でした。

何より嬉しかったのは、夕食時に子ども達に一日の報告をしたら、長男から「そういう休日の過ごし方って良いよね。」と言われたこと。

子どもが小さいと、行動が制限されるのは事実だけど、大きくなると共に、少しだけ時間を作ることが出来るようになるものですね。

感謝感謝
2008-05-22_13:32-mothermoon-C(0)::リンク

みなさんはご存知ですか?
私が知ったのは類にもれず、ウルルン滞在期の東ちずるさんの時でした。当時平和について考え、世界平和を心から祈っていたつもりの私は強い衝撃を受けました。私は平和を心から祈っていても「平和でないこと」をあまりにも知らない、と。
もちろん「思い(祈り)」は大切なこと。それがなくては何も始まりません。そして祈りは、人力を超えたところで目に見えない力として働いているのだろうと思います。
そして現実に平和な国に住む私達が出来ることとして、さまざまな形でさまざまな国でボランティアが活動活躍しています。
日々の生活の中、小さな募金や意識を向けることで果たしてどれほどの効果があるのかはわかりませんが、自分にあった形で、自分の出来る範囲で、取り組んでいきたいと思っています。

MotherMoonはその平和村があるドイツから多くのおもちゃを輸入させて戴いています。そのこともあって個人ではなくお店として、この平和村に毎月売上から募金をさせていただくことに決めました。お客様ご存知の通り、MotherMoonは小さなお店です。その売上からといって、どれ程のお役に立てるのでしょう。もしかすると自己満足で終わってしまうのではと、決意するまでにいろいろ考えました。それでも!!やらないよりやったほうがいい。そういう思いで今後は店内にも募金箱を設けさせていただきます。強制ではありませんので、賛同された方はよろしくお願いします。

昔私の兄が、インドのマザーテレサさんの所にボランティアに参加したことがあります。まだ彼女はご存命で直接兄に話しかけてくれたそうです。「日本に帰ったら、日本にいる人に手をさしのべてください」そう言われたことを話してくれたのが心に残っています。
私自身はゆとりのある生活を送っているわけではありませんが、何かあれば病院やまた助けてくれる家族や友人がいます。また微力ながら、私に出来ることもあるでしょう。子育てと仕事に追われる毎日の中で、簡単に出来る社会貢献は募金です。今後MotherMoonでは平和村をささやかに、そして末永く支援させていただきます。

つたない文章で誤解を招いてしまったらお許しを。
ネット社会です。どうぞHPをのぞいてみてください。

ドイツ国際平和村はこちらからどうぞ

また直接接募金をされたい方は下記から振り込めます。

寄付金口座:三菱東京UFJ銀行 本店 普通口座
口座番号:0152887
口座名:ドイツ平和村 または Aktion Friedensdorf e.V.

草の根運動が大きくなったようなドイツ国際平和村。世界中で支えていきたいものです。そして理想は、子ども達が平和村でお世話にならなくていい、戦争のない世界になることだと思います。

2008-03-22_13:44-mothermoon-C(0)::リンク